本格的な山岳区間の入口

高野下

こうやした
Koyashita
高野下駅
▲高野下駅《2011年1月9日撮影》
高野下駅ホーム
【写真1】高野下駅ホーム。《2011年1月9日撮影》

南海高野線は、九度山を出ると紀ノ川の形成した平地から完全に離れて山岳地帯に入り、急勾配を進んでいきます。谷間の突っ先にあるトンネルを抜けると、すぐ高野下に到着します。

谷の中に設けられた築堤上に設置されている駅で、島式ホーム1面2線のほか、側線が設けられています。橋本から極楽橋までにある中間駅のなかで、唯一の島式ホームです。

高野下駅構内踏切と待合室
【写真2】高野下駅構内踏切と待合室。《2011年1月9日撮影》

ホームはかなり幅の広いもので、古レールを用いた上屋支柱が2列に並んでいます。その中ほどには、「南海思い出ミュージアム」と題した鉄道関係各種部品などの展示が行われており(2010年12月8日設置[1])、列車待ちの間に鉄道資料を見ることができます。展示品の解説がほしかったというのは、少しぜいたくな希望でしょうか。

ホームのやや極楽橋方に切り欠け式の構内踏切があり、その先に待合室が用意されています。

高野下駅駅舎内
【写真3】高野下駅駅舎内。《2011年1月9日撮影》

駅舎内の待合室部分は比較的コンパクトで、簡易型自動改札機が設置されています。

高野下駅駅本屋をホームから望む
【写真4】高野下駅駅本屋をホームから望む。《2011年1月9日撮影》

駅舎は木造平屋建のもので、下見板貼りが露出した切妻屋根を擁しています。かつての役所などに見られた、往年の素朴な洋風建築といった趣です。これが石垣上に設置されており、階段が下へと通じています。

駅の周辺は小集落となっており、かつてこの地が高野詣での宿場として反映した面影はあまりうかがえません。

南海高野線はこの先、勾配のみならず、最小半径100メートルという急曲線が連続する区間となり、短い車両の電車が低速でそろりそろりと進んでいく、本格的な山岳鉄道になります。

停車列車 [2011年1月現在]

特急および観光列車「天空」以外の各列車が停車します。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

当時高野山に最も近い駅であったことから付けられたとのことです[2]

歴史

かつては、南海鉄道と高野山電気鉄道の接続駅でした。

周辺の見どころ

確認中。


  1. 南海電気鉄道「高野下ホームに「南海思い出ミュージアム」を設置します」(PDF)2010年12月3日。
  2. 南海公式Webサイトによる(2011年2月1日確認)。

【高野線】 汐見橋芦原町木津川津守西天下茶屋岸里玉出帝塚山住吉東沢ノ町我孫子前浅香山堺東三国ヶ丘百舌鳥八幡中百舌鳥白鷺初芝萩原天神北野田狭山大阪狭山市金剛滝谷千代田河内長野三日市町美加の台千早口天見紀見峠林間田園都市御幸辻橋本紀伊清水学文路九度山高野下下古沢上古沢紀伊細川紀伊神谷極楽橋

2011年8月13日

▲ このページの先頭へ ▲