山の中の乗換駅

極楽橋

ごくらくばし
Gokurakubashi
極楽橋駅
▲極楽橋駅《2010年1月9日撮影》
極楽橋駅高野線ホーム
【写真1】極楽橋駅高野線ホーム。《2011年1月9日撮影》

急カーブとトンネルを繰り返し、車輪をレールにきしませながら進んできた高野線は、もうこれ以上は無理ですといわんばかりに、不動谷川が形成した谷で停まります。これが、高野線の終着駅である極楽橋で、高野山へはここからケーブルカーに乗り換えることになります。

終着駅だけあって構内は広く、側線に複数の列車が停車しているさまは、ここが山中であることを忘れさせます。

高野線ホームからケーブル乗り場への通路
【写真2】高野線ホームからケーブル乗り場への通路。古い観光案内図が掲示されています。《2011年1月9日撮影》

高野線からケーブルカー乗り場の間には連絡通路が延びており、フラットな移動が可能です。頭上には古い観光案内図が掲げられていますが、汐見橋のそれとは異なりきれいに補修されており、現在でもふつうに見ることができました。

極楽橋駅出口
【写真3】極楽橋駅出口(構内側から)。駅の規模に比べて改札口が非常に小さいのが特徴。《2011年1月9日撮影》

乗換駅のために利用者は多いのですが、乗降客は非常に少なく、立派な連絡通路にくらべてはるかに小さな出口があり、これを出ると駅舎の裏口通路のようなところを通ることになります。冬季には積雪も多く、すぐ脇が川になっているため、下車してからは足の運びに注意が必要です。

駅の周囲は無人地帯で、純然たる接続駅としての機能のみに徹しています。

停車列車 [2011年3月現在]

鉄道線の終着駅なので、当然ながら全列車が停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

駅の西側に設けられている橋の名前に基づいたものです。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【高野線】 汐見橋芦原町木津川津守西天下茶屋岸里玉出帝塚山住吉東沢ノ町我孫子前浅香山堺東三国ヶ丘百舌鳥八幡中百舌鳥白鷺初芝萩原天神北野田狭山大阪狭山市金剛滝谷千代田河内長野三日市町美加の台千早口天見紀見峠林間田園都市御幸辻橋本紀伊清水学文路九度山高野下下古沢上古沢紀伊細川紀伊神谷極楽橋

【鋼索線】極楽橋高野山

2011年8月22日

▲ このページの先頭へ ▲