非常にコンパクトな橋上駅舎で乗客をさばく駅

共和

きょうわ
Kyowa
共和駅
▲共和駅駅舎(左手前は旧駅舎)《2007年1月5日撮影》
共和駅ホーム
【写真1】共和駅ホーム。《2007年1月5日撮影》

2面3線から成る駅で、駅舎は橋上に設けられています。橋上化されたのは比較的早いようで、改札口や駅事務所といった駅の基本機能が非常にコンパクトで、さらに通路は道路などに見られる歩道橋と同様の幅が狭いタイプで、名古屋近郊の駅の設備としてはいささか貧弱という印象を受けます。

共和駅西口
【写真2】共和駅西口。《2007年1月5日撮影》

出口は東西に設けられており、通路は東西に行き来することができますが、駅の南側にもっと通りやすい跨線橋が別途設置されているため、わざわざ混雑する駅を通る人はあまりいないでしょう。

東口と西口にはそれぞれロータリーが整備されています。

共和駅西口にある商店街マスコット
【写真3】共和商店街のマスコットキャラクター「にこっぱ」。《2007年1月5日撮影》

西口のロータリーには、地元商店街のマスコットがデンと鎮座しており、すさまじい存在感を出しておりました。全身にライトが張り巡らされており、夜間になるとこれが点灯するものと思われます。

停車列車 [2010年3月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

共和は、明治初期に複数の字が1つの村となる際につくられた瑞祥地名です。

歴史

周辺の見どころ

確認中。

▲ このページの先頭へ ▲