ナゴヤ球場への輸送で賑わった期間はわずかでした

尾頭橋

おとうばし
Otobashi
尾頭橋駅
▲尾頭橋駅駅舎《2007年1月5日撮影》
尾頭橋駅ホーム
【写真1】尾頭橋駅ホーム。《2007年1月5日撮影》

島式ホーム1面2線から成る高架駅です。金山-名古屋は東海道本線と中央本線の二重戸籍区間で、両方の線路が名鉄名古屋線の線路をはさんで走っていますが、尾頭橋駅のホームは東海道本線側にしか設けられていません。したがって、中央本線の列車は尾頭橋駅には停車しません。駅舎はホーム直下コンコースの西側に設けられています。

場外馬券売場「ウインズ名古屋」の最寄り駅です。

停車列車 [2010年3月現在]

確認中。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

ナゴヤ球場へのプロ野球観客輸送を目的に設置された駅です。なお、ナゴヤ球場でのプロ野球公式戦は1996年を最後に終了しているため、球場最寄り駅としての使命はわずか2年だったことになります。

周辺の見どころ

確認中。

▲ このページの先頭へ ▲