武豊線に東海道線が合流する駅

大府

おおぶ
Obu
大府駅
▲大府駅駅舎《2004年4月3日撮影》

3面4線がベースになっているが、西側には多くの側線が広がっている。駅舎は橋上に設けられているが、出口は東側のみで、駅を横断する自由通路が別途設けられている。

東海道本線から、非電化の武豊線が分岐している。武豊線はここからまっすぐ南下し、東海道本線をオーバークロスしていく。

大府市の中心街は、駅の東側から少し離れたところにある。駅の北西側には、この町の産業の核といえる、豊田自動織機の工場がある。

停車列車 [2010年3月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

名古屋圏では、非常に早い時期に開業した駅の1つ。もともと、中山道幹線の建設資材を、武豊港から運搬するために建設された線路の上に設置されました。地図を見ると、武豊線のほうがまっすぐで東海道本線の浜松方が分岐しているように見えるのは、このためです。

周辺の見どころ

確認中。

【東海道本線】 熱海函南三島沼津片浜東田子の浦吉原富士富士川新蒲原蒲原由比興津清水草薙東静岡静岡安倍川用宗焼津西焼津藤枝六合島田金谷菊川掛川愛野袋井磐田豊田町天竜川浜松高塚舞阪弁天島新居町鷲津新所原二川豊橋西小坂井愛知御津三河大塚三河三谷蒲郡三河塩津三ヶ根幸田相見岡崎西岡崎安城三河安城東刈谷野田新町刈谷逢妻大府共和南大高大高笠寺熱田金山尾頭橋名古屋枇杷島清洲稲沢尾張一宮木曽川岐阜西岐阜穂積大垣垂井関ヶ原柏原近江長岡醒ヶ井米原

【武豊線】 大府尾張森岡緒川石浜東浦亀崎乙川半田東成岩武豊

2004年9月23日

▲ このページの先頭へ ▲