牧野駅
▲牧野駅駅舎《2005年7月18日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る地平駅で、改札は両ホームを結ぶ地下道に設けられており、出口が各ホームの脇へと向かっています。ホームは穂谷川をオーバークロスする位置にあります。

駅の周辺は住宅地となっており、スーパーやコンビニ、駐輪場などのほか、古くからの商店街が狭い道路に形成されています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

京阪線が開通した際に設置された駅です。

周辺の見どころ

片埜神社

駅から南東へ、徒歩5分。垂仁天皇の時代に遡るといわれる古社で、戦国時代に荒廃したものの、桃山時代に豊臣家によって復興され、大阪城の鬼門鎮護をつかさどるものとされました。このため、方除や厄よけの信仰を受けています。本殿は徳川政権最初期、豊臣秀頼によって再建されたもので、国指定重要文化財。また、神社北隣の牧野公園には、平安時代の蝦夷の首長、アテルイの首塚があります。拝観自由。

【URL】http://www12.ocn.ne.jp/~katano/

2006年9月18日

▲ このページの先頭へ ▲