京急鶴見駅
▲京急鶴見駅《2004年11月5日撮影》

2面3線の高架駅で、上りのみ列車の待避が可能になっています。改札は高架下の2階にあり、品川方には飲食店などのテナントが入っています。

駅の西側は、バスターミナルを鋏んでJR鶴見駅と向かい合っています。横浜市鶴見区役所の最寄り駅でもあります。

乗り場

確認中。

駅名の由来

コメント準備中。

歴史

京浜電気鉄道が川崎(現・京急川崎)―神奈川を開通させた際に開業した駅です。開業当初は「鶴見」と称していましたが、1925年11月に「京浜鶴見」に、さらに1987年6月1日に現駅名に改称されています。

周辺の見どころ

JR東日本-東海道本線:鶴見駅を参照のこと。

《乗り換え》JR東日本-東海道本線:鶴見

2004年12月8日

▲ このページの先頭へ ▲