少ないホームを器用に使い分けるターミナル

品川

しながわ
Shinagawa
品川駅
▲品川駅駅舎《2009年9月21日撮影》
品川駅上りホーム
【写真1】品川駅島式ホーム。次に発車する列車の停車駅が電光掲示板で表示されます。《2007年4月22日撮影》

京急の東京側ターミナルで、JR品川駅の西側に位置しています。

高架駅で、改札とコンコースが1階、ホームが2階に位置しています。規模の大きい駅ではありますが京急の改札は1個所のみとなっていますが、これは泉岳寺経由で都営浅草線に直通しており、またJR東日本品川駅との連絡改札が設けられていたりすることにより、改札外への出入りが相対的に小さいことによるものでしょう。実際、地平にある改札口よりも、JRとの連絡改札のほうが人の出入りは活発です。

JRとの連絡改札のある片面ホームと、第一京浜側にある島式ホームの2面3線から成ります。このうち島式ホームの外側線は行き止まりになっており、品川始発の快特「ウイング号」がここから発車します。逆にいえば、ウイング号以外の列車は基本的に相対式2面2線として運用されているようなもの、といえましょう。

品川駅から横浜方を望む
【写真2】品川駅から横浜方を望む。《2007年4月22日撮影》

片面ホームと島式ホームの間は、大きな跨線橋が連絡しています。通常であればさほど立派な設備が必要ということもないでしょうが、JRとの乗り換え客が多いことを考えると、これだけの施設が必要ということなのでしょう。

ホーム上には「ト○」という表記のある表示灯がありますが、「ト」はドア閉め可能を、「○」は発車可能を示すとのことです(ホーム係員氏による)。品川駅はホームが大きく屈曲しており、編成が長い場合には見通しが非常に悪いために設けられているのでしょう。同様の設備は、日ノ出町などでも見られます。

停車列車 [2010年10月現在]

すべての列車が停車します。

乗り場

東側(JR側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。

駅名の由来

JR東日本-東海道本線:品川を参照のこと。

歴史

前身は高輪ターミナルで、これは現在の第一京浜をはさんだ反対側に位置していました。当時は相互乗り入れを行っていましたが、これを廃止して現在の品川駅に新たなターミナルを設けたものです。なお、現在の品川駅は3代目にあたります。

周辺の見どころ

コメント準備中。

《乗り換え》JR東日本-東海道本線JR東海-東海道新幹線

▲ このページの先頭へ ▲