鋳物の町の玄関駅

川口

かわぐち Kawaguchi
川口駅
▲川口駅西口《2007年9月2日撮影》

STATION PROFILE

京浜東北線のみにホーム

川口駅ホーム
【写真1】川口駅ホーム。《2007年9月2日撮影》

赤羽の北側で荒川を渡ると埼玉県に入り、最初の駅が川口駅です。

京浜東北線のみに島式ホーム1面2線の乗り場があり、このほかに4線が平行しています。そして、線路の上に覆いかぶさるように、橋上駅舎が設けられています。このスタイルは、この先大宮までの間、京浜東北線のみが停車する駅に共通となっています。

川口は、鋳物を中心とした製造業の町として知られており、その名は『キューポラのある街』で一躍全国区となりました。

あまり知られていませんが、東北本線の前身といえる日本鉄道が線路の敷設工事を行うにあたり、東京方のターミナルがなかなか決まらないため、ひとまず川口を暫定起点としてここから工事を着工したという経緯があります。

停車列車 [2014年5月現在]

京浜東北線のみが停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1910年9月10日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月6日

このページの先頭へ