烏山線が分岐

宝積寺

ほうしゃくじ Hoshakuji
宝積寺駅
▲宝積寺駅駅舎《2005年4月3日撮影》

STATION PROFILE

 

宝積寺駅構内
【写真1】宝積寺駅のホームは千鳥式に配置されています。《2005年4月3日撮影》

2面3線と側線から成る地平駅で、烏山線が分岐します。上下ホームは跨線橋で連絡しています。東北本線の上りと烏山線が同一ホームの反対側を供用しており、時代を感じさせる屋根柱が健在。また、東北本線の上下線の間には中線があるほか、烏山線ホームの東側(駅舎と反対側)には、烏山線専用となっているディーゼルカーが休んでいます。

 

烏山駅ホームにて
【写真2】烏山線の各駅ごとに、シンボルとして七福神が割り当てられています。《2005年4月3日撮影》

駅舎は下りホームに面しており、木造平屋で横長、青い瓦屋根を載せるという、東北本線のローカル駅では典型といえるスタイルですが、路線の分岐駅ということもあってか、比較的大柄なものです。自動改札機は導入されていませんが、簡易Suicaが設置されていました。

駅前には広々としたロータリーにタクシーが停まっており、そこから両脇にやや古めかしい木造の建物がずらりと伸びています。

烏山線ホームには、同線の各駅ごとにシンボライズさられている七福神が、一同に会する形で描かれていました。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1899年10月21日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年6月24日

このページの先頭へ