いわくありげな名前の駅

氏家

うじいえ Ujiie
氏家駅
▲氏家駅駅舎《2005年4月3日撮影》

STATION PROFILE

古い駅舎がリニューアルされて

2005年3月28日に氏家町と喜連川(きつれがわ)町が合併してできた、さくら市の中心駅です。

2面3線から成る駅で、板貼りの木造駅舎が上り線側に設けられています。けっこう歴史のある駅舎のようですが、きれいにリニューアルされており、スマートな感じで待合室も広く、開放的です。

宇都宮への通勤通学客が多いようで、自動改札機が導入されています。各種自販機があるほか、キヨスクが営業しており、利用客が多いことがうかがえます。

駅の南側には真新しい自由通路があり、東西に連絡できるようになっています。駅前には、タクシー乗り場がきれいに整備されていました。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

宇都宮-矢板が、岡本経由の新線に移行したときに設置された駅です。

  • 【1897年2月25日】 開業。

周辺の見どころ

光明寺【未訪】

コメント準備中。

2005年6月24日

このページの先頭へ