年季の入った跨線橋が残る

蒲須坂

かますさか Kamasusaka
蒲須坂駅
▲蒲須坂駅駅舎《2005年4月3日撮影》

STATION PROFILE

島式ホームが2つ

蒲須坂駅ホーム
【写真1】2つの島式ホームから成ります。駅舎は右手。《2005年4月3日撮影》

2面4線の地上駅ですが、上下それぞれ東側の線は使われておらずにフェンスが設けられており、実質的には2面2線になっています。

駅舎は東側にありますが、上り線には接しておらず、上下いずれのホームからも跨線橋を渡る必要があります。営業は昼間時間帯のみの模様で、私が訪れた夕方には、下車時には駅員がいたものの、数分して戻ってくると、窓口にはシャッターが降りていました。

駅舎は、横長の鉄筋コンクリート造という、なんとも特徴に欠けるものです。これとは対照的に、跨線橋は板張りで鉄骨が露出した古いものが、そのまま使われています。

駅の脇に駐車場があり、小さな広場になっています。駅前からまっすぐ伸びる道路に沿って、住宅がずらりと並んでいます。個人商店がパラパラ見られますが、商店街は形成されていません。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1920年11月2日に設置された蒲須坂信号所が起源です(当時は「かますざか」と呼んでいました)。1922年4月1日に信号場となり、1923年11月には停車場に昇格、この際に「かますさか」と読むようになりました。貨物営業は1962年4月15日かぎりで廃止されています。

  • 【1923年2月11日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年6月24日

このページの先頭へ