平岡駅
▲平岡駅駅舎《2007年7月28日撮影》

平岡駅ホーム

【写真1】平岡駅ホーム。《2007年7月28日撮影》

飯田線山岳区間における中核駅で、天龍村の拠点駅でもあります。

駅は谷が少し広くなったところに設けられており、島式ホーム1面2線のほかに側線が広がっています。辰野方に構内踏切があり、西側にある駅本屋へと連絡しています。

駅舎は、天龍村営の総合観光施設「ふれあいステーション龍泉閣」の中に入っており、駅業務も同施設の職員に委託されています。特急停車駅であり「みどりの窓口」も営業しています。

「ふれあいステーション龍泉閣」は鉄筋4階建てですが、路盤および駅改札、駐車場は2階に相当するため、駅を降りてすぐに建物を振り返る、あるいはホームから建物を見ると、3階建てに見えます。観光案内所、飲食店、宿泊施設や温泉などが同居しています。

 

平岡駅旧駅舎

【写真2】平岡駅旧駅舎。《1995年3月24日撮影》

かつての平岡駅舎は、ホームの豊橋方の構内踏切を渡った先にあり、木造平屋建のものでした。

もともとは水運の拠点として繁栄した地域ですが、平岡ダムの完成後林産物の水運輸送は事実上ストップしてしまいました。

 

停車列車 [2009年5月現在]

特急が停車します。

乗り場

西側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

平岡の名称は当時の村名で、満島村と鶯巣村が合併した際に付された名称です。由来は不詳ですが、谷が深い地域であることを裏返しにした、希望を求めての人工的な地名でしょう。平岡への駅名改称は、平岡ダムが完成した直後の1952年ですが、平岡村は1956年9月に神原村と合併して天龍村となっており、駅名が村名を表していた期間はわずか4年たらずでした。

歴史

三信鉄道開通の際に設置されました。

周辺の見どころ

コメント準備中。

2009年9月27日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲